無料ブログ作成サービス JUGEM
日常は踏んだり蹴ったりだけど、おっぱいと唱えれば大体なんとかなる
0

    こんばんは!中山です。

    ※タイトルは内容と全く関係ありません。


    ブログに書くことについて、全く思い浮かばず帰り道でうなっていたんですが、帰宅して机を見たとき、思いがけないモノを発見したんです!!それは、私の大好きな劇作家 唐十郎作の舞台『秘密の花園』優待チケットの案内でした!


    にしてもなぜこんな急に?私応募した覚えとかないのに…家族からのねぎらい?住所漏洩?とか思ったのですが、大昔に東京芸術劇場でメンバーズ登録をしていたためらしいです。

    グッジョブ高校生の自分!なんでもない日に嬉しいサプライズが降ってきました^ ^


    これはキャストの日向とこの間話していた事なのですが、クリスマスや誕生日にもらうプレゼントより、なんでもない日にもらう贈り物の方が嬉しさもひとしおじゃありませんか?

    日向いわく、「なんでもない日にもらうプレゼントの方が嬉しいのは、プレゼントをあげたいという純粋な気持ち100パーセントでくれているような気がするから」らしいです。なるほど!

    私はちょうど今日そんなプレゼントを昔の自分からもらったってことですね。ラッキーだなあ。


    私が優待チケットをもらった『秘密の花園』は1月13日〜東京芸術劇場シアターイーストでやってます。その前日!1月12日〜中央大学Cスクエア三階小ホールで『青春狂想曲』もやっています!思いがけない発見と成長と感情、愛しさと切なさと心強さ盛りだくさんです。なんてったって“狂想曲”ですから。ぜひ両方とも観てくださいね!

    | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    ホーム・アローン
    0

      どうも、エキストラの清水あすみです。実はブログを書き忘れておりました!すみません!


      さて、本番が刻一刻と近づいています。そして私事ですが心配していることが一つ。

      私は実家住まいなのですが、本番中、家には私一人。

      なぜかって?

      それは私以外の家族はみんなでハワイに行ってしまうからです。よりによってどうして公演期間にかぶせふように行ってしまうのか。悲しい。切ない。ほんのちょっとケビンの気持ちがわかった気がします。


      冬に家でひとりってすごいね。一人暮らしの人尊敬します。

      この気持ちも糧にしつつ本番にのぞみます。それでは劇場でお会いしましょう。
      | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      吐瀉物という恋愛に関する判断基準
      0
        お久しぶりです!窪田です! あけましておめでとうございます!良いお年を!! 今日は長いです。でも面白くもないです。笑 なんか変なタイトルつけてしまいました。これは僕が見出した新しい恋愛に関する理論です。「青春狂想曲」という事で。 最近、僕に「心のED」という新しいあだ名がつきました。「いや、なんでだよっ!」と思ったと同時に「あ、なるほどな…」と一種の安らぎにも似た納得をしてしまいました。確かに「恋愛」というものは何なのか明確に理解できていないな、と思いました。受験期に部屋にこもり色々なテーマの哲学は飛躍したけど、「恋愛」について考えていなかった。…難しい。 プラトニックが何なのか、プラトニックじゃないのは肉慾的なものなのか、友情の同直線上に恋情はあるのか、大学受験みたいに「この子は、すべり止めで。この子は本命。」ってやって良いのか、…とかまだまだ続ければ尽きないです。 …ーん、難しい… という事で最近思いついた「吐瀉物という新しい恋愛に関する判断基準」です。これは簡単です。要は「その恋愛の対象の人物がゲロを吐いてしまった時に、自分はそれを嫌な顔一つせずきちんと処理してあげるかどうか。」というものです。…これどうでしょうか?僕は潔癖症ではないのですが、意気地なしなので、相当この対象の人が悲哀に思えないと、進んで動けないと思うのですよ。 …どうでしたか?これに関してどう思ったか意見とかあれば是非いつかお願いします笑 最後に「せきしろ」さんという初心者の方が詠んだ短歌を紹介しますね。 こうやって キミの頭を 撫でている この手は二回 不法投棄した それでは「青春狂想曲」本日梱包です。しっかりします。
        | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        アルコ&ピース
        0
          もういいよ!冬の自主公演第二弾「青春狂想曲」役者兼WEBの涼木です。なんと5度目のブログ担当です。はあ。


          突然ですが、僕は「アルコ&ピース」がとても好きです。「あ、テレビで見たことあるよ」「え?何それ?初めて聞いたんだけど」色々意見が分かれると思います。

          簡単に説明をしますと、「アルコ&ピース」というのは、平子祐希と酒井健太によるお笑いコンビなのです。
          ボケ担当の平子さんは通称「平子っち」。筋骨隆々な愛妻家で、楽屋で嫌がる芸人に即興コントを仕掛ける根っからのコント師。
          ツッコミの酒井さんは通称「酒井ちゃん」。川崎出身のヒップホップ好きで、演技力を買われて実写版「銀魂」や「斉木楠雄のΨ難」にチョイ役で出演したりしています。
          2012年のTHE MANZAIで、忍者になりたいと言う酒井に対し平子が「じゃあお笑い辞めろよ」「必死に今回勝ちに来てるのに相方のお前は忍者になりたいのか」等と執拗に問い詰めるネタが受け、見事3位に。他にも、キングオブコントで決勝に進んだり、テレビ東京のゲーム番組のMCを務めたり、しっかりとした実力者なんですよ。

          そんな彼らを僕が好きになったきっかけは、ラジオ番組「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」(2012〜2016)。コアな人気によりAM3時台からAM1時台に昇格(尚、その後また3時台に降格する)したり、最終回には出待ちが200人以上も集まったり等様々な伝説を持つラジオ番組だったのです。
          その内容は、「春歌を歌うアーティストで喧嘩が強いのは誰か」「映画ウルヴァリンに因んで、平子が爪を出すにはどうすればいいか」「お侍ちゃんをゲストに迎え江戸にタイムスリップ」「ベストジーニスト賞を目指すためにジーパンを食べる」…何が何だか全然分かんないですね。パーソナリティ二人のリスナーとの距離感が近いトーク、こういった訳の分からない内容、リスナーからのサイコなメール…こういった要素が僕の心をがっつり掴んで離さなかった訳です。リスナーの人生や恋愛相談に対してアドバイスして曲をかける…そんなラジオ番組では無いのです。
          そんな彼ら。現在、毎週火曜日にTBSラジオで「アルコ&ピースのD.C.GARAGE」が放送中です。「オールナイトニッポン」「D.C.GARAGE」どっちも是非聞いてみてください。

          ん?ちょっと待てよ…ラジオ…ラジオと言えば曲……あ!「青春狂想曲」開演まで1週間を切りました!まだまだ予約受付中です!是非見に来てくださいね!

          それでは、何卒!

          WEB→ http://nigeki.jp/17fuyuko2/

          涼木リョータ@次ブログ書くことになったら「三四郎」について書きます
          | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          新年、明けましておめでとうございます
          0

            無事、2018年がやってきましたね。

            ついに平成三十年ですよ。もう元号変わっちゃうけど。


            2017年は、ほんとに色々ありました。


            大学入学、

            独り暮らし、

            バイト、

            演劇、

            家の鍵を失くす、

            ヒッチハイク、

            台湾旅、

            家の鍵を失くす、

            ヤクザに絡まれる、

            映画を百本強観る、

            家の鍵を失くす、、、 


            自分は、オートロック式の家か路上で寝る以外の選択肢はないと思い知らされた一年でした。


            去年の反省をふまえて、今年の目標を。

            単位をとる。

            身長を伸ばす。

            美味い飯を食う。

            笑われる前に笑かす。

            すぐにホモネタに走らない。 

            鍵を失くしても二階の自宅によじ登って入らない。


            さぁ、このうち、いくつ達成できるのでしょうか。




            あ、一つ忘れてた!

            まずは、1/12〜15に中央大学Cスク小ホールにて上演される『青春狂想曲』を成功させないと!!!!

            おあとがよろしいようで。


            安藤

            | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |