無料ブログ作成サービス JUGEM
本堂にあった怖い屏風絵
0

    間を置かずまたまた登場のながさわです。


    最近めっきり忙しいんですが、心休まる時間を取らないとやっていけないタチでして、いろいろYouTubeとかでおもろい動画とか探すんですよ。だいたいお笑い芸人の動画なんですけど。そんな中、普段ほとんど見ないゲーム実況動画にふと興味を持って見てみたら、これがまた面白い。よくあるFPS系ではなくて、フリーのホラーゲームの実況に少しハマって色々と見てしまいました。


    そんな中、一番自分の心を掴んだのは「NO PLAYERS ONLINE」。もうプレイヤーのいない古いオンラインゲームという体で進んでいき、そこに現れる心霊現象のような何かに見舞われていくというゲームでした。とても怖い。とにかく雰囲気の作り込みが素晴らしいんですね。ギリギリVHSで育った世代なので、ブラウン管調の映りの悪い演出はかなりシビれました。どうやらゲームの外の要素でも作り込みが凄いようで、その流れを動画一つで追えたというのは大きかったですね。なかなか自分でプレイする時間を取れない中、良い媒体に触れられたかなと思います。


    毎回こういう便利なものに触れると、舞台でのお芝居ってなんて手間のかかる非効率な見せ物だろうかと思うわけです。でも芸術は決して打算だけで生まれてくるものではありません。むしろ面倒だと思う箇所をこそ愛していきたいな、とつくづく。今回の自分のお芝居もなかなか面倒です。演劇の面倒さがだいたいは詰まってるんじゃないかと思うくらいです。でも、だからこそその重たい感じが面白さに繋がればいいなと、日々稽古を重ねております。ぜひ、観に来ていただきたいです。




    ・2019年度冬の自主公演第2弾『BLUE』

    2020年1月17日〜19日@多摩キャンパス イベントスペースNight

    脚本・演出 永沢地球



    永沢地球@文化祭のお化け屋敷で倒れる通行人をやりました

    | 中大二劇 | BLUE | comments(0) | trackbacks(0) | - |