無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
じゃじゃじゃ、わがねとわかんねのちがいさわかんねばわがね!
0

    おめはんらは訛りっつーもんをあんますいいものでねえと思ってらがもしんねど、いざ自分の国さけえって徐々に自分の言葉がもどにもどっで行ぐのを感じるとああ、帰ってきだずーっこが身いさ染みるのす。んだども東京さ戻ってきたず、ほでいくらが暮らすていると、またみなとおんなじ東京の言葉ば喋りだすのす。

     

     

     

     

     

    こんにちは。舞台補佐の葵ともえです。

    この芸名にあまり馴染まないので次回公演からは元に戻そうかな、とか考えている最近です。

     

     

     

     

     

    どうですか!何を言っているか分からない方も多いと思いますが、実家に私が帰ったときにはこんな調子で家族や近所のおばさんと話します。いいでしょ。

     

     

     

     

     

    ちなみに、タイトルは「あれま、ダメだと分からないの違いが分からなければダメだ」です。これをかますことで東京のきゃぴきゃぴした都会人に優越できます。

     

     

     

     

     

    「あまちゃん」という朝ドラがありましたね。あれは私の故郷、岩手県が舞台となった作品です。私が橋本愛ファンになったきっかけでもあります。かわいいよね橋本愛。

     

     

     

     

     

    あの中でのアキちゃん(能年玲奈)のセリフ、「じぇじぇじぇ」って聞いたことがあると思いますが、あれは私の出身地の盛岡市では「じゃじゃじゃ」となります。前者はおもにロケ地の久慈市小袖という町で使われているようです。

     

     

     

     

     

    なーんか方言の話ばっかりしていますが、まあ地元はいいな、ということです。いまのところ、人生の殆どは地元で暮らしていたわけですから、当然といえば当然です。岩手県産とかいう言葉には敏感ですし、少し高くても買ってしまう傾向にある今日このごろです。

     

     

     

     

     

    同じ東北出身には、キャストの清水もそうです。彼女は宮城です。きっと彼女がニョッキで負けたときにはなにか小話が聞けるかもしれません。しないか、、、

     

     

    この写真は地元の冬です。雪いっぱい、いいでしょ。

     

    今日はこの辺で失礼します。いいでしょ!!!

     

     

     

     

     

    舞台『陽と陰と手記』11/9~12@東演パラータ

    1年生のデビュー公演です。お見逃しなく........................................

     

     

     

    舞台補佐 葵ともえ@シャンプーするたび色素が抜ける

    | 中大二劇 | 陽と陰と手記 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/1929