無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
初心者歓迎
0

     どうも。新歓公演第2弾『ミラージュメモリー』の役者の南雄也です。

     

     二劇には高校から演劇をやっていた人と大学から演劇を始めた人のどちらも一定数いますが、僕は大学から始めました。つまり、僕が演劇の世界に入ってもうすぐ1年が経とうとしているわけです。早いです。この1年はわりかしあっという間でした。

     4月になったらまた二劇に新入生が入ってくるだろうと思います。大学から演劇始めてみようかな、という人も多分いるでしょう。去年の僕と同じように。去年はどんな思いで入ったんだっけかなあ。新しいことに挑戦するということでわくわくしてもいましたが、不安も強かったと思います。なにせそこまでの人生において演技の勉強など一切したことがなかったですし。高校演劇をやっていた人たちなんかには全然かなわないし追いつけないんじゃないかとも危惧していました。

     

     しかし、案外なんとかなっている気がします。今現在。基礎発声力とか基礎体力とか基礎演技力とか、あとは公演の場数を踏んできた慣れとか、やはり演劇経験者は一枚上手です。でも、それって努力すればこちらも身につけられるものなんですよね。もちろん向こうも努力を続けているしなによりこっちはスタートが遅いわけですから人並み以上の努力が必要ですが、経験者に全く追いつけないなんてことは一切ありません。

     演技って人それぞれですしね。学校の勉強みたいに絶対の正解に向かって同じ方向を目指しているわけではないんですよ。例えば、一つの台詞でも様々な表現法があります。ある一人が選んだ表現とは全く違う表現をする人がいるかもしれない。その人にしかできない表現というものがあるかもしれない。人それぞれ。だから、演劇って勝ち負けじゃないんですよ多分。

     

     まあそんなわけで、演劇を始めることに遅すぎるということはないと思います。大学生でも、それ以上の年齢でも。だから新入生の方。まずはやってみたらいいと思いますよ。本気で取り組めば決して損にはならないと思います。

     

     

     それでは。新歓公演観に来てください。お待ちしております。

    | 中大二劇 | 2018年度新歓公演 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2155