無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
最近あつい日が続いております
0

    こんにちは、新入生歓迎公演第1弾「世界の扉を閉じるには」役者の大塚日向です。


    このブログを新入生の方が読んでいるかはわからないのですが、読んでたらいいなぁと思いながら書きます。

    私は中、高と演劇をやってきて、大学でも演劇を続けています。きっと今年入る1年生にも高校演劇をやっていた!って子は少なくないはずです。でも逆に、演劇に高校時代は費やしたし大学はやめようかなぁって考え方の人もいると思うんです。私も実は中央大学入ったばっかりの時はそうでした。

    だって大学って大量にかっこいいサークルあるじゃないですか。

    私も最初は意識高い国際勉強系のサークルに入ろうとしましたし、テニスしないテニサーに入ろうともしてみました。実際それもありなのかなぁと思います。演劇ってひとつの舞台を作るのにかかる時間が長すぎるんですよ。コスパがハチャメチャ悪いんです。だから大学でいろんな種類のことに挑戦したい欲張りセットの人にはそこまで向いてないかも知れません。


    ただ、それでも私が大学で演劇を続けているのは理由がもちろんあります。

    大学演劇ってやっぱり自由です。高校演劇の何倍も自由です。あと、規模が大きいです。自分が高校時代悔しいなぁと思ってたこと、多分頑張れば全部やってみちゃえると思います。で、あと、その実現のために必要なあつい仲間たちもいました。同期も先輩もみんなはちゃめちゃあついです。すごいです。尊敬してます。これからもいっぱい助けられるんだと思います。いつか助ける側にもなれるようになりたいですけど!

    二劇の人達は自分の作りたいもののためなら努力を惜しまない人達だなぁと思います。あとめっちゃみんなお腹すかせてます。ハングリー精神がすごい。多分ここにいれば影響受けて私も少しは成長できるし、悩めると思います。あつくなるのが恥ずかしい私にはすごくいい場所だと思ってます。



    今年の新入生の皆さんがあつくてお腹ペコペコだととっても嬉しいです。

    もしあんまりそうじゃなくても1回見に来てください。もしかしたら感化されるかもしれません。

    ということで、

    *イベントスペースnightにて


    ・《4/17~4/20》

         世界の扉を閉じるには

    ・《4/24~4/27》

         ミラージュメモリー


    あつい公演うちます。 待ってます!

    | 中大二劇 | 2018年度新歓公演 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2159