無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ひととひと
0

    人と人の線が繋がる時絶対人間関係とかいうクソめんどくさい問題って出てきますよね。

    線が絡まらなくなる原因になったり、逆に絡みまくってしまう原因になったり。とにかく人はみんなそれこそ物心ついた時から死ぬまで人間関係について悩んで悩んで悩まされ続けるのではと思います。


    それはそもそも人との関わり方が人ごとに違い、人それぞれの考え方があるから起こってしまう問題です。どれがいいとか悪いとか絶対的な話は、基準となるものがある訳では無いのでできません、誰にも。出来るとしたら「すき、きらい」の話のみになると思います。



    私は割と博愛主義です。決して私がみずがめ座だからとかではないです。いや、みずがめ座が理由の一つの可能性も少しはあるのかもしれませんが。博愛主義というのがどう定義されるものかはよく分かってはいないのですが少なくとも他人にかなり興味があるし、他人の考え方を否定したりが出来ません。全部肯定してあげたいです。というより肯定させてほしいです。これは意外と難儀な性格だなぁと思います。ぶつかることが苦手なんですよね、だったら相手を肯定して私が折れた方が早いなと思います。でもまたそこで負けず嫌いとかいう性格があるせいで折れると自分の中で不満が起こる。いやぁ難儀です。

    まあ私の性格の話はどうでもよくて、何が言いたいかというと私が博愛主義だとして、勿論そうじゃない人もいるわけです。


    他人と「喋らない」というベクトルで無関心な人。他人に「気を使えない」というベクトルで無関心な人。いろいろです。


    そういう人たちから見ると私みたいな周りと関わりまくったり、みんなの意見を取り入れまくろうとする人は「無駄なことばかりする人」に見えるのだと思います。たしかに自己満足のために実際しなくていいことをすることが多いです。

    だから多分「意味わからん」ってそういう人たちに思われることが多いのだと思います。

    ただ実はめんどいことをやっていることは理解していて、でも理解した上でやっているということを理解してほしいのです。


    あと、私はそういう無関心な人達が実はとても好きです。好きというか羨ましいなぁと思っています。彼らには芯があるように見えるからです。それは周りの影響を受けにくい分自分の芯を持っていなければいけなかったり、またそれを貫き通そうとするパワーがすごいからです。

    そういう人になりたいという憧れがずっとあるような気もします。

    でも同時にそんな人達にもっと大人になればいいのにとかいうどこから目線だ?ってくらいの感情を抱くこともあります。それは彼らが自分を突き通そうとするパワーが強すぎるあまり周りの目が見えなくなってしまってる時が往々にあると感じるからです。そのくらい許容してやれよ、とか、もっとうまくやればきっとみんな満足できるのになぁと見ていて思うことがあります。

    でもそれをやらない彼らのパワーが同時に好きなのです。強くてかっこよいです。

    矛盾です

    矛盾だらけですね

    本当ならそういう時綺麗に場を収め無ければならないのは調和と肯定をとりたがる博愛主義の人達なのかもしれません。だとしたら私は仕事を全うしていないですね。反省。


    でも、私は自分を突き通そうとする彼らのパワーに憧れつつもそれがとても怖いです。いつかは私もぶつかれるのだろうか、と思いながら19歳になってしまいました。

    大学在学中に、1回でいいから誰かとぶつかってみたいです、逃げずに。

    たいへん難しいことです。


    何を書きたかったのかまとまらなくなってしまったのでこの辺でやめます。

    きっといろんな人がいるけどそれぞれいいよねってことを書きたかったんだと思います。


    明日はお花見です。新入生来てくれると嬉しいです。新歓も、新歓コンパも、それから先の新歓wsも全部がんばります。一緒に楽しめる後輩達が来てくれると嬉しいです。わーい。


    「世界の扉を閉じるには」4/17~4/20  17:00~   @イベントスペースnight


    役者・照明  大塚日向

    | 中大二劇 | 2018年度新歓公演 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2168