無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
0
    永沢地球です。回数も回数なので、そろそろ「よっ待ってました!」みたいな合いの手が欲しいものです。

    先日、道端でとても良い写真が撮れました。


    日光を求めて歩道にせり出してくるタンポポ、逞しくて勇気づけられます。

    同じく役者をする志賀くんは生物が好きなようなのですが、自分は植物も好きです。自宅の前には桜並木が通っていて、春になると桃色の麗らかな景色が広がります。それにそろそろアジサイが咲いてくる季節がやってきますね。梅雨の数少ない心の安らぎです。

    今回の春公演『蛸のシウセイ』にも、ある植物がモチーフとして登場するようです。それがどういった形で表現されているのか、そこがこの劇の見所その一なのではないでしょうか。ぜひ綺麗な花を観に来るような気負わぬ心持ちで、阿佐ヶ谷アルシェにお越しください。


    中大二劇2018年度春公演
    『蛸のシウセイ』
    脚本/演出 卜崎智之

    *日時
    6月7日(木)18:30
    6月8日(金)18:30
    6月9日(土)13:00/18:30
    6月10日(日)12:30/16:30

    *会場
    阿佐ヶ谷アルシェ

    *料金
    前売り1000円/当日1300円



    永沢地球@実は花粉症
    | 中大二劇 | 蛸のシウセイ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2211