無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
バウムクーヘン
0

    あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばバウムクーヘンのね、お話をね、しようかと思うんですよ。


    バウムクーヘンが何かって?


    バウムクーヘンってのは、バウムさんが作ったクーヘンって言う名前のフランス料理さ。

    クヘラウオっていう魚の切り身をハペリポっていう赤い野菜と一緒にナマテルでセルボするんだ。

    そのセルボしたクヘラウオとハペリポをオケヌイナっていうソースにつけて食べるのさ。

    これが、バウムクーヘン。


    すみません、申し遅れました。

    今回夏自主公第二弾で舞台補佐を務めさせていただきます志賀です。


    さて、本題に戻りますが、今日なぜバウムクーヘンの話をしたのかと言いますと、それは遡ると7年前。


    僕は地下ホに来たんですよ、そうまだ夏は終わってなくてすごく暑かった。

    そんな暑い日に自転車漕ぎながら来たもんだからもうお腹空いちゃって、でもお金なくって。

    どうしようかなー、あ、誰かに奢ってもらえばいいんだ!

    でも僕ももう3年生。

    そう、僕は気づいたら奢ってもらう側じゃない、奢る側の人間になっていたんだ。

    驚いた僕。

    なぜ僕が驚いたのかわかっていないトム。

    その後ろで寝ているジャン。

    遅刻して来たサム。

    みんな愉快な仲間たちさ。

    そんな愉快な仲間たちに囲まれた僕は、お金がないことと同時にあることを思い出した。

    地下ホにはそう、お菓子があるんだ🍘🍟🍡🍦🍧🍨🍩🍪🍫🍬🍭🍮🍿🍰🎂


    なんでお菓子があるのかって?

    それはこの前公演をやったブレイク座組みの差し入れだったのさ。

    でも差し入れが残ってることを僕は知ってたし、ブレイク座組みの人たちがもう地下ホに来てないことも知ってた。だからさ、食べちゃおって、思ったんだ✨


    ワクワクしながらお菓子の置いてあるところに向かう僕。

    三度の飯よりもしょっぱいお菓子が好きな僕のその次の次のその次くらいに好きなバウムクーヘンがあることを思い出した(甘いのは基本苦手な僕)。

    バウムクーヘン目当てで駆け寄っていったそこにあったのは!!!!




    カゥゥゥァァァいぃぃぃぃぃアラザァァァァレタァァァァバゥゥゥムゥゥウカゥアゥぅぅぅかぅぅあぅぅぅはぅふぅへぅぅぅんんんんのんんんんんんんさざざざざざんがぁぁぁいぃぃぃ(食い荒らされたバウムクーヘンの残骸)!!!!!!!!


    どぉぅぅぅぅゔあぁぁぁぁぁるぁぁぁあぇぇぇぇぇだぁぁぁぁぁくぉうぉぉぉぬぅぅぁぁぁごぉぉぉどぉぉぉしゃぁぁぁぁぐぁぁっどぁぁぁふふふふうぅぅぅうどぉぉぉどおぉぉぎぃぃどもぉぉおのぉぉぉんんんんんわぁぁぁぁ(誰だこんなことをした不届き者は)!!!!!!!!


    と憤って僕は地下ホを飛び出した。


    走る僕。


    脳裏に浮かぶバウムクーヘンの残骸。


    目の前に飛び出してくるトラック。


    女性の甲高い叫び声。


    ファミマで売ってるでかいコーヒーゼリー。


    9月8日、9月9日に中大Nイベントスペースnightで行われる夏自主公第二弾。


    ぜひみなさん来て欲しいです。



    謎は深まるばかり。


    そして今日、その犯人がわかったんですよ。

    犯人は、犯行現場に帰ってくる。


    僕はこの唐沢寿明さんの言葉を信じ、3年3晩寝ずに見張ってました。

    ああそうだよ、3年徹さ、

    バウムクーヘンの無念をはらすためならこんな代償痛くもかゆくもないね。


    さあこい、犯人よ、

    とっ捕まえてやる

    まずは事情聴取だ

    それから警察に突き出すか、そいつの態度によってはその場で殴り殺してしまうかもしれないな。

    まあ反省していたら許してやろう

    どちらにせよそいつの態度しだ



    んねぇぇぇこ⁉

    バウムクーヘンを食べ散らかしてたのは可愛い可愛い猫ちゃん???

    ぜーーーーんぶ許しちゃう

    可愛いからぜーーーーんぶ許しちゃう

    可愛いねぇ〜猫ちゃん可愛いねぇ〜

    | 中大二劇 | 僕、今日からスターになります。 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2237