無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
お風呂2
0
    明けましておめでとうございます。エキストラの卜?です、今年もよろしくお願いします。
    さてさて前回のブログで匂わせた大学近くにスーパー銭湯紹介第2弾をしたいと思います。

    「お風呂の王様 多摩百草店」です。地図上で見ると離れているように見えますが、自転車だとほぼ下り坂で(一回緩めの坂を150m登りますが)ちょっと頑張れば、7〜8分で着きます。歩いても20分ほど、比較的近場にあります。
    さてさてお風呂の紹介ですが、内湯露天合わせて17種類のバリエーション豊かなお風呂が楽しめます。
    お風呂自体は温度で差別化というよりは泉質やジャグジーの有無で差別化されており一つ一つは小さく、個人的には色々楽しみながら徐々に体を温めていくのがおススメです。
    内湯に併設されているキングサウナは温度計以上の体感の暑さを感じたので(構造上の関係でしょうか)先にそっちで体をしっかり温めてから露天をゆっくり楽しむなんてコトも乙かもしれません。
    こんな感じで17種類全て紹介すると長くなり過ぎるので、今日は2つだけに絞って紹介しようと思います。
    一つは露天にある「寝湯」です。寝転がった時に丁度体の半分がお湯に浸かる程度に設計されており、また気持ち熱めのお湯が張ってあるので、寝湯特有の「少し寒いな」を感じるコトなくゆっくりできます。
    気を抜けば10分くらいウトウトなんてコトもあります。そんなコトしたら風邪を引くので注意です、風邪引かない為にお風呂入ってるのにそれじゃ本末転倒なので皆さんも気をつけましょう。
    もう一つは内湯にある「不感温湯」です。これは、人間の体温より少しだけ低い温度のお湯が張っており、その名の通りを湯の熱さを感じないなんとも不思議なお風呂です。
    「体温より少し低いなら湯冷めしそうだ」なんて考えるかと思いますがご安心を、お風呂全体が床が見えない程のジャグジーで満たされており、(多分これのおかげで)湯冷めしないようになっています(多分)。
    実際10分20分くらい入っている人も見かけます、中には入ったまま寝てる人も(溺れないのかな)。
    僕史上一番書いたブログですが、実はまだ「岩盤浴」については触れていませんでした。しかしそれを書くと流石に長くなりすぎるので、それはまたの機会に..........
    .......あ、公演見に来てくださーい。遠くの方も終演後「お風呂の王様 多摩百草店」へ寄ってみてはいかがでしょうか?
    公演情報
    <日時>
    1月10日(木)15:30
    1月11日(金)15:30
    1月12日(土)15:30
    1月13日(日)13:00
    <会場>
    中央大学多摩キャンパス Cスクエア3階小ホール
    <料金>
    無料


    | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2369