無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
新歓公演のごあんないだね。
0

    えーこんばんは。

    いや、おはようございます、こんにちは。

    新歓公演第二弾で役者やらせてもらってます、ワタルです。


    新入生の方、おめでとうございます。

    ようこそ中央大学へ。


    中大二劇の紹介なんかはもう先駆者がやり尽くしてくれているので、そろそろ言うことも無いというのが正直なところです。

    ネタバレにならない程度にするので、新歓公演のお話をさせてください。


    新歓公演第二弾『金魚鉢』は、脚本・演出(所謂主宰というもの)を私の高校からの同期がやってくれているお芝居なんですが、うん、そうですね、内容はお伝えできないので、「正に新歓公演である」と言いたいお話ですね。よ〜〜く思いやりと親切をこめて練られているなぁというか、それでいてちゃ〜んと内容もありし〜っかりと物語が進み、そして……。いや、これは実際に観に来てくれた方のために取っておきますね。うん、さすが我らが主宰です。どう足掻いてもこんな真似は私にはできまい。

    できまい、というのは本当ですが、別に私はできなくてもいいんです。というのも、二劇の人員構成というものは非常に『適材適所』を実現しているものと言えるからです。

    二劇の内部には「部署」というものがいくつもあり、それぞれ得意分野に特化した仕事をしています。私なんかは「舞台部」ですので、今回は『金魚鉢』の舞台美術を担当しました。つまり舞台のセットのデザインと作成ですね。そんで役者も現在進行でやっているので、私の分の仕事はやっているわけなんですな。要するに苦手なことはできる人に任せて、自分の役割に集中してりゃいいんですよ。素晴らしく効率的だと思いません?

    今回の新歓公演も、それぞれの部署のプロフェッショナル達が色んな場所ですんごく良い仕事をしてくれているので、ハードルを上げるようで嫌なんですが、も〜満点を超えちゃってんじゃないかなと個人的には思うんです。

    だから私は安心して、芝生に寝そべり春の穏やかな風を感じ道行く虫を眺めながらもちもちこねこねと役を練れるんですねぇ。みんなすごい。わーい!


    だから二劇への入部を考えている皆さん、どこにでも居場所は作れますよ。安心して入ってきてください。今回は入部を見送ったとしても公演は観に来てください。よろしくお願いしますねん。


    そんなところです。


    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    中央大学第二演劇研究会2019年度新歓公演第二弾

    『金魚鉢』

    4/23(火)〜26(金)

    16:30開場、17:20開演(開演時刻が変更になりました。4限終わりからでも来れる!)

    会場:4号館イベントスペースNight

    無料


    お待ちしております。

    | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2408