無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
はじめましてと「豚」のはなし
0


    お久しぶりです〜。なんてのは嘘で、初めましてというか、始めましてですね。人肌恋しい季節になりつつあります、
    20歳哲学専攻童貞のくりやまです。


    半ば強制で書く事になりましたが、僕はわりとドM気質なので(たぶん)、感情には上手く出てないですが嬉しい限りです。


    さて突然ですが、「啓蒙」というなんだか難しい言葉がこの世にはあります。難しいの嫌ですよね。しかし、難しいものは大抵バラシてやれば全く簡単なのです。

    「啓蒙」の「啓」は訓読みで啓(ひら)く。

    「蒙」はパーツを絵にして考えてみると

    (くさかんむり)が覆った蓋(わかんむり)の下に豚()がいる状態という事になります。

    つまり、「啓蒙」とは、「豚を暗い世界に閉じ込めている、草をかぶった蓋をひらく」

    という事なんです(たぶん)


    僕は「豚」です。(Mだからとかじゃありません)、「暗い世界」に自らを閉じ込める「豚」です。頭の上には蓋と草がいつでもあります。でも、なんだかチカホに来ると少しなにかが「ひらく」気がします。久しぶりの感覚です。ブー。やったね。


    ブログってこれであってるんでしょうか。

    たぶんあとあと恥ずかしいやつですね笑

    まぁ、とにかく僕は弱い人間です。


    秋公演、昨日台本を初めて読みましたが面白いと思います。是非。


    中央大学第二演劇研究会 

    2019年度秋公演『吠え面』

    脚本・演出 キムラリョータ

    会場 ザムザ阿佐ヶ谷(ラピュタビルB1

    JR中央線「阿佐ヶ谷駅」北口より徒歩2  

    日時 

    11/14() 19:00 

    11/15() 19:00 

    11/16()14:00/19:00 11/17()13:00/17:00




    | 中大二劇 | 吠え面 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2465