無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
去年の今頃は浪人生のコスプレして河合塾ハロウィンしてた
0

    「おおすみゆうすけと言うのかい?贅沢な名だねぇ。今からお前の名前はすみだ!」


    まあ別に湯婆婆は関係ないですが

    二劇に入ってから「すみ」と何人かから呼んでいただけるようになりました。

    ぶっちゃけハイパー嬉しいです。

    嬉しいいいぃぃぃぃぃいいいいやっほおおおおおおお!!!!って感じです。

    すみなんて今まで呼ばれたことなかったんですよね。皆さんはどう呼ばれたら嬉しいとかありますかね。

    名前の呼び方ってのは割とその人との関係性を表すと思います。

    呼び捨てで呼ぶ、君付けする、さん付けする、あだ名で呼んでみる。とかまあ色々

    僕は個人的に仲良くなると変な名前で呼び出したりする傾向がある気がします。

    去年浪人してた時、通ってた予備校に同じ高校出身の友達が1人いたんですよ。

    ぶっちゃけ最初の頃はそんな仲良くなかったんですけど、ご飯とか毎日のように一緒に食べてたんでもう必然的に仲良くなりますよね。そりゃもうウルトラ仲良くなりました。

    そいつの名前は「ミキタカ」といいました。

    僕はそんな彼のことをある時期から『ミキティ』と呼び始めました。


    「ミキティ全統マークの結果どうだったよ」

    「ミキティ今日赤本借りに行く?」


    ミキティは嫌がっていました。恥ずかしいから止めろと。でも僕は止めませんでした。

    そして僕の変な呼び方シリーズはエスカレートしていきました。

    やっぱり浪人期なんて娯楽がほぼ無いもんですからそういう日常に面白さを見出さないとキツかったんですよね。

    僕はミキティの事を『ミキティ・ロングフォール』と呼び始めました。

    ミキティはONE OK ROCKが好きだったので僕が知っていたワンオクの曲マイティロングフォールから新たな名を拝借しました。

    ミキティ・ロングフォールはまんざらでもなさそうでした。なんならちょっと気に入ってました。

    ミキティ・ロングフォールは、俺の事をそんだけ変な呼び方するなら俺も変な呼び方させろと言いました。

    僕の名前は漢字で書くと大角優翼です。

    僕とミキティ・ロングフォールのクソカス英語力で僕の名前を直訳したらビッグホーン・カインドウィングになりました。

    その日から僕はビッグホーン・カインドウィングと呼ばれるようになりました。

    そして僕は思いました。大きな角があって翼がある……それってもうユニコーンじゃん!!


             


    ただの浪人生だった僕はユニコーンになりました。

    今でもミキティ・ロングフォールとは仲が良くて頻繁に電話とかします






    っていう作り話を今日の英語の時間に考えてました。

    いやでもミキティ・ロングフォールって呼んでたあたりまではガチの話です。

    今はもう普通に長くて呼ぶのめんどくさいんでそんな呼び方してません。



    そして最後に写真を一枚。


    まあ普通に綺麗な景色ですよね。

    彼女と2人で観覧車に乗った時に撮った写真……だったら良かったんですが違います。

    絶望!現実は非情なりッ!!

    こないだ帰省した時に男友達とナガシマスパーランドというテーマパークに行った時に撮った写真です。

    ちなみに一緒に行った面子の中にはミキタカもいます。彼は元気です。

    まあでも彼女じゃなくたって友達とどっか行くのは楽しいですよね。

    そこでとっておきのお知らせがあります。



    中大二劇
    2019年度秋公演

    『吠え面』

    脚本・演出 キムラリョータ

    〈日程〉

    11/14 19:00

    11/15 19:00

    11/16 14:00/19:00

    11/17 12:30/16:30

    〈会場〉ザムザ阿佐谷

    ご予約:http://ticket.corich.jp/apply/102832/010/


    誰か誘って観劇、いかがですか。

    なんなら1人でも観劇です。

    僕も役者として精一杯頑張ります!!

    劇場でお待ちしてます!

    | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2489