無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
曇り空に怒髪天
0


    本格的に寒くなってきましたね。2回目の登場です関口です。


    11月に入りまして、朝夕の気温差がエグかったり雨と晴れが交互に来たりと体調不良の原因がわんさかあって困りますね。私は無事喉をぶち壊しました。そういえば今日みたいな(このブログは11月4日に書いています)晴れのことを小春日和というらしいですね。「小春」とは陰暦の10月、つまり現在の11月のことだそうです。寒い日でも晴れてさえいれば、「今日は小春日和だなあ」だなんて、心は暖かくなりそうで素敵ですね。



    ……なーんて、


    そんなわけないだろ


    寒いもんは寒いに決まってます。むしろ何ちょっとあったかそうな名前してんの?と反感2倍です。ふざけるな。いいだろ日本晴れとかで。ここは日本なんだから。(日本晴れとは少しも雲のない晴天のことです)。

    そもそも晴れの日少なくないですか?洗濯サイクルを考えてくれ。まあ晴れてても洗濯物は乾かないんですけどね????


    そんなこんなで晴れの日が少ないと心も曇ってこんなザマになります。荒れ模様です。しかし私たちは所詮人間、気象という大自然には太刀打ちできない矮小な存在なのです。

    それなら、天気を変えることは出来ずとも心の空模様くらいは自分で晴れにしてみませんか?


    芸術の秋ともいいますし、この小春はぜひ阿佐ヶ谷まで足を伸ばして秋公演をご覧になってください。大変天晴れな出来となっております。まだまだパワーアップしていく心づもりですので、どうか劇場までいらして頂ければ幸いです。座組一同心よりお待ちしております。


    ーーー


    中央大学第二演劇研究会2019年度秋公演

    『吠え面』

    作・演出 キムラリョータ


    於:ザムザ阿佐ヶ谷(ラピュタビルB1F)

    日時:11/14〜17








    | 中大二劇 | 吠え面 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nigeki.jp/trackback/2493