無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
こんにちわー!!!クリヤマだよ!!!
0

    今日は、栗山です。前回は調子に乗って「啓蒙」の話を書きましたが、今回は僕の友達を紹介したいと思います(大して自己紹介もしてないのに⁉)(しかも長い。)

     

    彼女の名前はタカノちゃんと言います。高校からの友達で、いわゆる男にも女にもはまらない、強いて言うなら妖精さんです。たくさん話はありますが、休み時間には廊下で友達とセーラームーン劇をはじめたり(もちろん衣装持参)、体育祭の時には「裏」体育祭といって種目にない玉入れを勝手にしていたり(パンフレットも自作)、こどもの日には「こどもの日コーデ」といって黄色いタイツにオレンジのパンツをはいてくる(それぞれポテトとチキンライス)、そんな子です。僕も初めはなんだこいつと思っていましたが、イギリス留学で仲良くなり、今では彼女を尊敬しています。何よりすごいのは誰と関係なく優しく接することができること。これは本当にすごい。


    そんなタカノちゃんですが、去年までほぼ誰にも進路を言わず、「かまぼこ工場で働いている」だとか「ユニコーンの学校に通っている」といった、よくわからないぼかし方をしていました。プライバシーの関係でここでは言いませんが、妖精とは程遠い、とても現実的な理由です笑。じゃあ結局、今、タカノちゃんは何をしているのか?というと、彼女の夢のために、そのステップアップとして、一人暮らしをしながら、劇団「蓮」という社会人劇団で演劇をしています。なるほど、これが僕にはとても面白くて、高校の時には演劇をやったことのなかった僕らが、今未熟ながら2人ともお芝居をしている。不思議なことだけれど、なんだかとても縁を感じるし、本当に嬉しく感じます。(秋公演「吠え面」も見に来てくれました。)そんな僕らですが、この冬、実は初めて舞台に立つことになりました。タカノちゃんは1月に、僕は12月に。是非、見に来てくだい。タカノちゃんも頑張れ!

    長文最後まで、読んでくれた方有難うございました。


    それでは、次回、「カントの実践理性批判について」でお会いしましょう。カントゥーヤ!!!!!!

    | 中大二劇 | 光差する未来 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。