無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ヨガみたいなものかもしれません
0

    第二弾主宰のながさわです。お腹が痛いです。

     

    最近は不思議な稽古をしています。元々変な台本なので、変な稽古を役者の方々にやってもらわざるを得ないというのが本当のところなのですが、それにしたって不思議です。

     

    ご紹介しておこうと思うのが、「ペットボトルを持ってキャップを開け、中身を少し飲んで元のところに戻す」という一連の挙動を5分間かけて行うというものです。

     

    なぜ5分なのか。5分という数字に意味はなくて、ようは時間をかけてやってほしいということを意識してもらうために設定している時間です。そのくらい、ペットボトルを取って中身を飲むという行動は普段から無意識に行なってしまいがちです。

     

    いざやってみるとどうなるか、無意識に落ちていた身体の記憶が蘇り、われわれに「ここがこう動いて、こう力が入っていたんだ」といったことを知らせてくれます。そのうち、自分の身体の中でこんな部分にまで力が入っていたのか、こんな部分も動くのか、といった発見が生まれます。加えて、ペットボトルに触った時や飲み物が口に入った時に感じ取れる情報がとても芳醇になります。自らの身体のことを知り、いわゆる心身二元論のようなものから逸脱する為にはとても重要なプロセスを、この稽古で学ぶことができるのではないかと考えています。

     

    しかし皆さんが最も気になるかと思うのが、「この稽古がいったいどのように芝居に還元されるのか」ということだと思います。尤もです。ですが秘密です!秘密ですよそりゃあね〜。それは実際に来ていただいて、観劇することが一番の近道でしょう。知り合いのみんなには年賀状で案内を送りつけるので、覚悟しておいてください。

     

    ─────────────────

     

    中大二劇2019年度冬自主公演第二弾
    『BLUE』
    脚本・演出 永沢地球

    *日時
    1月17日(金)18:00
    1月18日(土)18:00
    1月19日(日)14:00/17:00

    *会場
    中央大学多摩キャンパス4号館4201「イベントスペースNight」

    *料金
    入場料無料

     

     

    | 中大二劇 | BLUE | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。