無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
裏切りと慈愛のバレンタイン
0

    どジャアァぁぁぁぁ〜〜〜ン

    歌の上手い女の人とカラオケに行って永遠に聴いていたいと思う1年の大角優翼です。

    突然ですが!

    皆さん!214日は何の日かご存知ですか!

    我われはこの日が何の日かを知っている!!

    そう!


    『バレンタイン』


    女の子が男の子にチョコレートを渡す的なイベント。

    思い返せば物心ついてから家族以外の女の人にチョコレートを貰った記憶がありません。

    今までもこれからも僕には無縁のイベントだと思っていました。

    そう、あの日を迎えるまでは。

    というのも先日まで卒業公演の合宿に行っていたんですが、最終日の帰る間際にバレンタイン企画と称して女性陣からチョコが貰える神企画があったんです。

    そんな企画があるなんて全く知らなかった僕はイワンコフにテンションホルモン打たれたくらいにはぶち上がりました。


    「そうか、神はこの合宿に俺を参加させるために俺に約20年の時を長らえさせたのだ」と


    企画は椅子取りゲーム形式で取った椅子に貼ってある紙のチョコが貰える、誰のチョコかはわからないので順番に男が誰のかを聞いていき、あげた女の子の手紙が読まれて答え合わせという感じでした。

    僕は緊張して中々聞けず、気づいたら最後の方まで残りました。

    そこで誰かが言いました。


    「男子と女子の人数が合わない」


    どうやら男が女より3人多いらしい。

    まあでも自分には関係ないやろと思った僕は聞き流しました。


    そしていよいよ僕の番。

    誰が俺にチョコをくれるんやとワクワクが押し寄せてきます。

    企画を進行する日菜子さんの口が開きます。


    「お手紙の方がありません」


    だと


    理解が追いつかない

    ポケモンバトルに負けたトレーナーのように目の前が真っ暗になる


    「代わりに動画の方があります」


    無慈悲にも再生される、ブログには書けなさそうなぶっ飛びすぎた動画

    熱の時に見る夢の方がマシとさえ思える現実


    「送り主は十文字蒼波さんです!」


    名乗り上げられる3男の先輩の名前

    沸き立ち盛り上がる皆々様

    土にのめり込みそうなほど沈む僕


    何を間違えた

    どうしてこうなった

    この世界線では俺はチョコレートを女の子から貰えないのか


    僕は失意のどん底に突き落とされました

    そこからの記憶はあまりありません


    そして合宿も終わり東京に戻りました。

    僕は家に帰り、久しぶりに双子の姉に会いました。

    姉とは仲が良く、そのままご飯を食べに行き、明日はお互い好きな作品のイベントに行こうという話になりました。


    乗り越えよう辛い過去は

    立って歩け前へ進め俺には立派な足がついてるじゃないか


    翌日、姉とのお出かけが終わり帰宅した僕は合宿の疲れもあり寝ていました。


    すると部屋のドアが開き、姉から呼び掛けられました。


    「ハッピーバレンタイン!」


    そう、合宿終了翌日の今日が214日だったんです。


    そうか


    これがそうか


    この掌にあるものが




    これはバレンタインの物語、若しくは裏切りの物語、若しくは慈愛の物語。


    『ボンビクス・モリの回顧』




    嘘です全くそんな話ではありません。

    でも書いた内容は事実です我が姉ながらなんていい子なんやほんまに。

    あと十文字さんもありがとうございました。

    便宜上、こんな風に書いてありますが嬉しかったです。

    でも俺じゃなくてよくねとはマジで思います。

    他にリア充めっちゃおるやんこんな時くらい非リアに夢を見させてやとは思います。


    あと、長くなってすいません。僕のブログはついつい長くなってしまう傾向にあります。

    ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございます。

    最後に!

    多分これが卒業公演期間中に僕が書く最後のブログなので言いたいです。

    卒業公演。四年生の先輩方の最後の舞台です。この稽古期間中は得るものしかないです。何にも知らない僕なんかが言うのは失礼かと思いますが本当にすごい人達だと思います。そう思いつつもいざ四年生の先輩方と面と向かうと上手く喋れない僕ですが、今回の舞台を作る一助となれればと思います。


    全力で頑張るわよぉぉぉおおん!



    --------------------------


    中央大学第二演劇研究会2019年度卒業公演

    『ボンビクス・モリの回顧』

    脚本/演出  浦智之


    *日時

    35日(木)18:30

          6日(金)18:30

          7日(土)13:00/18:30

          8日(日)13:00/17:00


    *場所

    シアター風姿花伝


    *料金

    前売り…800

    当日…1000

    | 中大二劇 | - | comments(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: