無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
※こちらの食べ物は後でスタッフがおいしくいただきました
0

    例えば、バラエティ番組で食べ物を少し粗末に扱うような演出があった後に画面の隅に上記のようなテロップが出ることありますよね。

    心配貧乏性な僕のような人間からしたらあのようなテロップが出ると少し安心します。


    世の中にはこのような『断り』がたくさん存在します。ですが中には「え、その説明いる適切じゃなくね」と思わせるようなものも数多くあると思います。


    『本製品に入っている白いものは油が凝固したものですので加熱すれば安心してお召し上がりいただけます』

    加工食品に多く見られます。まぁ異物だと間違えちゃうこともあるよね。でも大体見ればわかるでしょ。


    『本映像は非常に怖い描写が盛り込まれたものとなっています。怖いものが苦手な方は鑑賞をおすすめしません』

    ホラー系のDVDでたまに見かける注意書きです。わからなくもないけどそもそもパッケージからして怖いんだから、怖いの苦手な人は観ようとしないでしょ。


    『この動物は噛むことがあります。注意してください!』

    以前ペットショップで動物が入ったケースに貼ってあるのを見かけました。

    いや、注意書きの意味がわからん!動物だもん!噛むことあるに決まってるでしょうが!!


    なんか前提としてわかるようなことに対する説明に疑問を感じてしまいます。不必要な親切なんだよなぁ、それ。


    そのうち…


    『男性が女性を殴りましたがあくまでも演出です。実際の男性の俳優さんはとても優しい方です。』

    ドラマや映画で暴力的なシーンがあったときにこのようなテロップが出たらもうオシマイですね。

    もはや何を目的として作品があるのか意味がわかりません。


    ただこのような配慮がされるようになることも近い将来あり得るような気がします。

    こういうものが増える度に生きづらい世の中だな〜、と感じます。

    いちいち入るクレームにそこまで気を使う必要はないのでは。



    現代社会への反発のようなことをつらつらと書いてしまいましたが、さいごに。

    次の公演には以下のような『断り』を宣伝も兼ねて入れたいです。


    『とても魅力的な舞台となっています。座組み一同本気で取り組んでいます。是非観に来てください!』


    役者 : 望月克海


    ーーーーーーーーーーーーーー

    中大二劇2019年度卒業公演

    『ボンビクス・モリの回顧』

    脚本/演出  浦智之


    ・日時

    35()18:30

          6()18:30

          7()13:00/18:30

          8()13:00/17:00


    ・場所

    シアター風姿花伝


    ・料金

    前売り…800

    当日…1000

    | 中大二劇 | ボンビクス・モリの回顧 | comments(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: