無料ブログ作成サービス JUGEM
0

    僕は、友達が少ない

    僕は、友達が欲しい


    なんで僕には友達がいないんだろう


    身長が低いからかな?

    体重が軽いからかな?

    地球が丸いからかな?

    塩がしょっぱいからかな?

    右手が曲がってるからかな?

    左手が曲がってるからかな?

    洋服がヨレヨレだからかな?

    右足がピローンとしてるからかな?

    左足が固定されてるからかな?

    首がすわってないからかな?

    頭がグワングワンだからかな?

    髪がハゲかけてるかな?

    顔が怖いからかな?


    僕、自分のことはもっと愛嬌ある方だと思ってた。

    よくみんな絡んでくれるし、構ってくれてると思ってて。

    でもね、いいように使われてるだけだってことに最近気づいたんだ。


    みんながみんな、僕のことが好きなわけじゃないんだって。


    なんで???

    なんで???

    なんで???


    もっと優しくしてくれたっていいじゃん。

    僕はみんなが大好きなのに。

    いっつもいじめられて。

    でも僕はみんなの期待に応えようと頑張ってるよ。

    結構体張ってきたよ?


    でも僕はさ、みんなを憎んでないよ。

    ただ少し悲しいだけ。


    でもね、でもねでもね、

    みんながこれから仲良くしてくれたら、全然悲しくないんだ。

    すごい嬉しいから。

    それで全部吹っ飛んじゃう。


    だからさ、みんな


    僕と



    友達に




    なってよ








    それでさ、明日から始まる二劇の公演に来てくれたらさ、僕は満足さ。

    夏自主公第二弾、僕、今日からスターになります。

    やります。

    イベントスペースnightでやります。


    たぶん僕は地下ホにいるからみんなとは会えないかもしれない。


    でもさ、みんなが来てくれたらそのことはわかるんだ。


    だから来てね。

    待ってる。

    地下ホで、僕と握手







    あきら(代筆志賀)


    | 中大二劇 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    距離って大事だな
    0

      どうも、夏自主公演第二弾、『僕、今日からスターになります。』の役者やらせてもらってます、ふるさわでございます。


      皆さん紙魚ってご存知ですか?

      英語でシルバーフィッシュとか言われるあれですね。あいつです。知らない方は画像検索してみたらいいんじゃないですかね。


      あいつがですね、出るんですよ。


      どこに出るかって?


      私のベッドにです。




      ……なんでかなぁ。

      ベッドの下のホコリのせいかなぁ。

      でも掃除だるいしそうじゃないことにしたいなぁ。


      私がいわゆる「虫」に対して好意を抱いていることは既に国民の共通常識であると思うんですがね、私はあくまでダイレクトに接触しない状況下に置かれた虫さんに好意を抱いているだけでありまして別にシルバーフィッシュさん達と添い寝をしたいわけではないのですよ。わかります?ねぇそこのベッドの上のあなた。

      あぁ、被写体と化したあなたはあんなにも美しいのに、直接対峙するとどうしてこう…


      まぁそんなわけで、私のお部屋に出現した紙魚さんはすぐに駆除されることになるんですが、私、もう一つ困っていることがありまして。


      私、蜘蛛がどうしても苦手なんですね。

      蜘蛛は何もしない!蜘蛛は益虫だ!

      そんなこと言われずとも存じておりますよえぇ。大げさな言い方にはなりますがいわゆる「蜘蛛恐怖症」みたいなものかと。頭ではわかっていても体が受け付けないあれです。

      (ただし、これも直接接触した場合の蜘蛛に限ります。写真や絵やケース越しなら平気です。)


      で、私の家には蜘蛛もよく出るんですねぇ。こわいですねぇ。

      何かで掬って外に出そうにも、ぴょんぴょんとこっちに向かって来られたときのことを想像するとゾッとしますし、潰そうにも紙魚ちゃんのようにぺしゃっとは潰れてくれなさそうだし。


      じゃあどうするか?


      そんな長年の悩みに、最近ようやく解決策を見出したんですよ。


      昔誰かにもらった、お菓子の空き箱。

      透明なプラスチック製の立方体で、蓋がついた箱。


      これにね、カポっと。

      入れちゃうんですねぇ蜘蛛さんを。


      するとあら不思議。

      あんなにも脅威だった蜘蛛さんが途端にとってもかわいく美しく愛しい存在になるんですねぇ。一枚壁を設けるだけでこんなにも違うんですねぇ。

      その立方体の箱は全面透明なので、上からも横からも下からも蜘蛛さんを眺めることができます。いいなぁ。


      まぁ、その箱の蓋を開けることは私には二度とできなくなるんで、そこが蜘蛛さん、あなたの死に場所になるわけなんですけれども。箱の底にころりとひっくり返っている様も好きですよ蜘蛛さん。


      そんな感じで日々虫さんとの共同生活を強いられている私ですが、いい加減家の中に出るのはやめて頂きたいです。そんな話でした。


      さて、今月8日と9日、中央大学第二演劇研究会夏の自主公演第二弾『僕、今日からスターになります。』が、中央大学4号館イベントスペースnightにて上演されます。

      私にとっては今までに演じたことのない役への挑戦ともなった今回の劇、是非ご覧になってください。座組一同お待ちしております。



      | 中大二劇 | 僕、今日からスターになります。 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      バウムクーヘン
      0

        あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばバウムクーヘンのね、お話をね、しようかと思うんですよ。


        バウムクーヘンが何かって?


        バウムクーヘンってのは、バウムさんが作ったクーヘンって言う名前のフランス料理さ。

        クヘラウオっていう魚の切り身をハペリポっていう赤い野菜と一緒にナマテルでセルボするんだ。

        そのセルボしたクヘラウオとハペリポをオケヌイナっていうソースにつけて食べるのさ。

        これが、バウムクーヘン。


        すみません、申し遅れました。

        今回夏自主公第二弾で舞台補佐を務めさせていただきます志賀です。


        さて、本題に戻りますが、今日なぜバウムクーヘンの話をしたのかと言いますと、それは遡ると7年前。


        僕は地下ホに来たんですよ、そうまだ夏は終わってなくてすごく暑かった。

        そんな暑い日に自転車漕ぎながら来たもんだからもうお腹空いちゃって、でもお金なくって。

        どうしようかなー、あ、誰かに奢ってもらえばいいんだ!

        でも僕ももう3年生。

        そう、僕は気づいたら奢ってもらう側じゃない、奢る側の人間になっていたんだ。

        驚いた僕。

        なぜ僕が驚いたのかわかっていないトム。

        その後ろで寝ているジャン。

        遅刻して来たサム。

        みんな愉快な仲間たちさ。

        そんな愉快な仲間たちに囲まれた僕は、お金がないことと同時にあることを思い出した。

        地下ホにはそう、お菓子があるんだ🍘🍟🍡🍦🍧🍨🍩🍪🍫🍬🍭🍮🍿🍰🎂


        なんでお菓子があるのかって?

        それはこの前公演をやったブレイク座組みの差し入れだったのさ。

        でも差し入れが残ってることを僕は知ってたし、ブレイク座組みの人たちがもう地下ホに来てないことも知ってた。だからさ、食べちゃおって、思ったんだ✨


        ワクワクしながらお菓子の置いてあるところに向かう僕。

        三度の飯よりもしょっぱいお菓子が好きな僕のその次の次のその次くらいに好きなバウムクーヘンがあることを思い出した(甘いのは基本苦手な僕)。

        バウムクーヘン目当てで駆け寄っていったそこにあったのは!!!!




        カゥゥゥァァァいぃぃぃぃぃアラザァァァァレタァァァァバゥゥゥムゥゥウカゥアゥぅぅぅかぅぅあぅぅぅはぅふぅへぅぅぅんんんんのんんんんんんんさざざざざざんがぁぁぁいぃぃぃ(食い荒らされたバウムクーヘンの残骸)!!!!!!!!


        どぉぅぅぅぅゔあぁぁぁぁぁるぁぁぁあぇぇぇぇぇだぁぁぁぁぁくぉうぉぉぉぬぅぅぁぁぁごぉぉぉどぉぉぉしゃぁぁぁぁぐぁぁっどぁぁぁふふふふうぅぅぅうどぉぉぉどおぉぉぎぃぃどもぉぉおのぉぉぉんんんんんわぁぁぁぁ(誰だこんなことをした不届き者は)!!!!!!!!


        と憤って僕は地下ホを飛び出した。


        走る僕。


        脳裏に浮かぶバウムクーヘンの残骸。


        目の前に飛び出してくるトラック。


        女性の甲高い叫び声。


        ファミマで売ってるでかいコーヒーゼリー。


        9月8日、9月9日に中大Nイベントスペースnightで行われる夏自主公第二弾。


        ぜひみなさん来て欲しいです。



        謎は深まるばかり。


        そして今日、その犯人がわかったんですよ。

        犯人は、犯行現場に帰ってくる。


        僕はこの唐沢寿明さんの言葉を信じ、3年3晩寝ずに見張ってました。

        ああそうだよ、3年徹さ、

        バウムクーヘンの無念をはらすためならこんな代償痛くもかゆくもないね。


        さあこい、犯人よ、

        とっ捕まえてやる

        まずは事情聴取だ

        それから警察に突き出すか、そいつの態度によってはその場で殴り殺してしまうかもしれないな。

        まあ反省していたら許してやろう

        どちらにせよそいつの態度しだ



        んねぇぇぇこ⁉

        バウムクーヘンを食べ散らかしてたのは可愛い可愛い猫ちゃん???

        ぜーーーーんぶ許しちゃう

        可愛いからぜーーーーんぶ許しちゃう

        可愛いねぇ〜猫ちゃん可愛いねぇ〜

        | 中大二劇 | 僕、今日からスターになります。 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ご飯の話
        0

          皆様おはこんばんにちは。

          夏の自主公演第二弾『僕、今日からスターになります。』いわゆる僕スタの舞監兼演出のじんです。


          久しぶりのブログ更新となってしまいました。

          ニゲキブログの更新を楽しみにして下さっている方にはお詫び申し上げたいと思います。🙇


          さて今回はご飯の話を書きたいと思います。


          普通土日の稽古は大体8時間とか行われます。

          長丁場なので大体半分くらい稽古した時に飯休と言われる長い休憩があります。

          僕は体も大きいのでたくさん食べます。

          コンビニで食べたいものを欲望のまま手に取り、食料を両手に抱えて飯休を取るのです。

          優柔不断なのでコンビニ滞在時間もえげつない長いです笑

          大体飯休は45分前後あるのですがコンビニで買い物をして、買ったものを平らげてしまおうと思うとどうしても時間がギリギリになってしまうのです。


          何が言いたいのかと言いますと「飯を食ってる時間は体が休まさっていない」ということが言いたいのであります。


          自分は太っているのでご飯を食べると汗をかきます。食べ終わってひと段落するとご飯を食べる前より少し疲れているし、お腹はいっぱいだし、と全くもって休憩にはなっていません。

          何なら食べるのにcalを使っているくらいです。


          結論としては、そんなになるまでたくさん食べるなよということでした。




          今週末8日9日、中央大学4号館イベントスペースNightにて、僕スタ上演されます。

          本当にこの1ヶ月、平成最後の夏を全部捧げて作ってきた、渾身の作品となっています。

          ぜひぜひ、是非!観にいらしてください。

          それではまた。


          | 中大二劇 | 僕、今日からスターになります。 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          【夏自主公第2弾】脚本家・演出家ならびに変更のお知らせとお詫び。
          0

            二劇ブログをいつもご覧になっているみなさまにご連絡もうしあげます。


            この度、9月7日から9日まで上演を予定しておりました「僕、今日からスターになります。」は当方の事情により脚本・演出早乙女ケンイチから脚本・姜昌鋼、演出・神亮輔に変更となりました。


            それに加えて誠に勝手ながら9月7日の公演を中止とし、8日から9日までの上演に変更になります。誠に申し訳ありません。なお、公演時間に変更はございません。詳細は公演ホームページをご覧下さい。公演を楽しみにしてされていた方には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解の程よろしくお願いします。


            また以下は脚本・姜昌鋼よりお伝えします。


            僕達は再出発いたしました。短い期間ではありますが、座組一同、全力で公演までやりきりたいと考えています。今回の脚本の見所は、努力です。人の努力、執念とでも言うのでしょうか。そんなことをテーマとした作品です。


            中央大学第二演劇研究会
            2018年度 夏の自主公演 第二弾
            『僕、今日からスターになります。』


            in中央大学多摩キャンパス、4号館イベントスペースNight(4201)


            座組一同心よりお待ちしております。


                                                        姜昌鋼

            | 中大二劇 | 僕、今日からスターになります。 | comments(0) | trackbacks(0) | - |