無料ブログ作成サービス JUGEM
決断
0

     何かを決めるというのは難しいものです。どうでもいいことなら直感か何かで適当にポンと決められても大事なこととなると途端に難しくなる。二択を迫られたりなんかするともうどちらも良く思えてきたりして大変です。



     昨日、昼飯をカレーにしようか冷やし中華にしようかで随分迷いました。大学の学食の週替わりメニューでして、これには味の保証が無い。カレーはともかく冷やし中華は外れる危険があったわけです。しかし気分は断然冷やし中華。

     こういう時一番いけないのは、選んでしまってからやっぱりあっちがよかったかなと思ってしまうことです。そうなるとせっかく今食ってるものも不味くなる。

     無難にカレーにするか、気分だが不味いかもしれない冷やし中華にするか。これはもう迷いに迷いまして、どうしようもないから、想像をするんです。カレーを食ったらどんな気分になるか、冷やし中華ならどうかと想像してみるんです。その結果僕は、カレーを選びました。後悔はせずに済みました。



     何かを選ぶとき、これを選んだらその先どうなるかと想像することが大事です。未来が想像通りになるとは限りませんが少なくとも何となく選ぶよりは、自分の中に根拠を持って選択ができると思います。何かをお選びの折にご参考になさってください。



     さて、春公演を観にいらっしゃるか否かも一つの決断ですね。その決断のための想像を手助けできる材料として、下記URLから行けます春公演のサイトにて役者紹介を載せてあります。youtubeの「中央大学第二演劇研究会」のチャンネルでも役者紹介を随時していく予定です。こんな人たちがやるんだということで、どうぞ一つお役立てください。


    春公演サイト http://nigeki.jp/19spring/



    それでは春公演『○○トアル風景』是非いらしてください!!役者の原直矢でした。


    中央大学第二演劇研究会2019年度春公演

    『○○トアル風景』

    脚本/ノゾエ征爾 演出/ジンリョウスケ

    会場:阿佐ヶ谷アルシェ

    料金:無料

    6月13日~16日




    ……ちなみに今日、昨日選ばなかった冷やし中華を食いました。美味しかったです。どちらか片方でなく両方選べそうな時は、どっちも取っちゃってもいいかもしれませんね。

    | 中大二劇 | ○○トアル風景 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    なにぬねののの
    0

      私はなんとも言えず、古いものを好きになってしまう傾向があります。

      古いものといってもそれは、

      樹齢を重ねた大木や広い海、人間の手の及ばないようなもののことではなくて、

      たとえば書架の奥から出てきた昔の本、祖母の家の縁側の光る床、あるいは仏像とか、人為に生まれて綺麗なまま古びていったものが私にとってロマンのような憧れのような気持ちの対象で、

      私は小さい頃からその感情がずっと不思議でなりませんでした。


      それが一応の答えに届いたのは、一人暮らしの体験によるものでした。

      私物持ちは良い方なのですが、家事が上手くなくて、うっかり実家にあった食器類の持ってきたのを割ってしまったり、お箸を濡らしたまま放置してたらカビを生やしてしまったりすることがたまにあったんです。

      それが私的になかなかショックで。

      気に入ってたのに……。

      そのとき、なんか、古いものが素敵なのって、それを大切に扱う人間の不断の努力の結晶だからなのかもしれないな〜って思ったんです。

      先々月火事が起きて騒がれたノートルダム大聖堂もたしか当時ちょうど改修工事中だったそうですね。

      出火は工事のエレベーターからだとか。ちょっと皮肉なことですよね。

      今は再建に向けて動いてるみたいです。

      私なら諦めちゃいそうなのにな、すごいなあ。


      演劇については私あまり言えないのですが、どこか心を引く公演って、役者やスタッフ皆に大切に扱われた公演なんじゃないかな…と思うことがたまにあります。

      演劇を大切にするのも本当に難しいことで、これもまだ私には説明できないのですが、少なくとも毎公演同じ基礎練や稽古を繰り返すだけでは良くないのだと思います。

      丁寧に公演と向き合うことをいつも以上に意識して、最後まで決して考えることをやめずにこの公演を走り抜きたいです。

      阿佐ヶ谷アルシェまで来てくださると嬉しいです!


      佐々木結衣


      中大二劇2019年度春公演

      『〇〇トアル風景』

      脚本 ノゾエ 征爾/演出 ジン リョウスケ

      *日時

      6月13日(木)18:30〜

      6月14日(金)18:30〜

      6月15日(土)13:00〜/18:00〜

      6月16日(日)12:30〜/16:00〜

      *会場

      阿佐ヶ谷アルシェ

      *料金

      無料

      *ご予約

      http://ticket.corich.jp/apply/99935/009/

      | 中大二劇 | ○○トアル風景 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      ◽◽◽
      0

        二度目の登場が早いことに定評があります関口ですどうも。

        前回は四季について書いたところ青井くんのツイートと被りました。そんな偶然もあるものですね。ちなみにツイートとは?と思った方は春公演公式アカウント(@nigeki_19spring)を覗いてみてくださいね。


        さて、今回は芸名について書きたいと思います。ご存知の方も多い(と嬉しい)でしょうが関口楓はド本名です。字面が四角すぎて◽◽◽と書いてもバレないんじゃないかと常々思っている次第ですが、私の周りにはかっこいい芸名の人が多いんですよね。

        いいなあ芸名。かっこいいの考えたいなあと思ってはいますが関口の凡なる脳みそではなかなか思いつかず、それならせめて実名で公演に向き合ってみるか、と本名に落ち着きました。

        でも何だかやっぱりかっこいい芸名に憧れるので、今度こっそり使ってみようと思います。あ、関口だ!と気付いても、どうか胸の内にしまっておいて頂ければ幸いです。芸名考えるの得意だよ!って方はそっと関口までご一報ください。


        最近何だか暑かったり寒かったりと不安定な天気が続きますが、どうかお身体に気をつけて頂いて、元気モリモリで阿佐ヶ谷でお会いしましょう。座組一同心よりお待ちしております。


        中央大学第二演劇研究会2019年度春公演

        『○○トアル風景』

        脚本 ノゾエ 征爾/演出 ジン リョウスケ

        *会場

        阿佐ヶ谷アルシェ

        *料金

        無料


        | 中大二劇 | ○○トアル風景 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        駄文
        0

          お久しぶりです、今回の春公演で役者を務めさせていただきます青井真人です。


          最近子供の頃やってた馬鹿な習慣について話す機会がありました。ちなみに僕は雨が降っている日は傘をささずに登校し、濡れた状態で授業を受ける、でした。あの頃の僕は1人だけ雨に濡れてそれを拭くことなく平然としている姿がカッコイイと思い込んでいたのです。イッテーーーーーーーーー


          でもその話をしていて実感したんですけど、子供の頃は本当にただ自分の心がカッコイイと思うことや美しいと思うものに従って行動していたなと。今では考えられないですね。色々なものが邪魔をします。周囲の目、プライド、キャラクター、校則、二浪、いわもとくんとの約束…色々なものに邪魔されて息が詰まりそうです。

          やっぱり子供の頃を尊く感じるのは、あの頃は何にも縛られず自由だったてな感じのことを思うからなのでしょうね。

          しかし本当に子供の頃は自由だったのか…成熟した自我を持たない子供が欲求に従って行動するのは他に選択肢がないだけで自由とは呼べないのでは…理性とは本当に自らを縛るものなのか…なぜお気に入りの靴を履いている日に限って雨が降るのか…ライオンのオスも髪型が上手く決まらずに一日中若干しんどい日はあるのか…てかセブンイレブンはそろそろ名前変えてもいいのでは………




          的なことをだらだら考えていたらもう5月も中旬らしいです。僕みたいにぼーっと日々を過ごしてるといつの間にか同世代の人から置いてかれてたりするので皆さんは気を付けて締まって行こうぜ。


          そう言えば阿佐ヶ谷で公演やります。気はしめても幕はあけますよ。それではこの辺でまた。


          ※このブログはノンフィクションです。登場する人物・団体・名称等は実在のものであり、是非阿佐ヶ谷アルシェへお越しください。


          6/13-16 阿佐ヶ谷アルシェにて

          「〇〇トアル風景」脚本:ノゾエ征爾 演出:ジンリョウスケ

          | 中大二劇 | ○○トアル風景 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          緑に縁のある人
          0

            こんばんは、ご無沙汰ですね。

            こびなたせいです。

            突然ですがしいたけ占いって知ってますか?

            知らない方は面白いので(私はかなり当たると思ってます)是非調べてみてください。

            そのしいたけ占いのカラー心理学というのが雑誌に載っていて、結構前にその場にいた二劇の人たちでやってみたんです。

            自分の色を診断して、その色の人はどういう特徴がある…みたいな流れなんですが私はどうやら「緑」が主なマイカラーらしいです。

            思い出すと緑には縁があります。


            高校は農業大学の併設高校でテーマカラーも緑だしグラウンドは緑色の芝生でした。あと学年カラーが緑でした。なのでジャージも緑でダサいのですが、私はそれでも好きなので大学でも稽古に履いています。いつもダサいって言われますが、これは”ファッションダサ”ですよ…。

            あとは、大学も多摩という僻地にあるため山があり、緑が多いですね…。雨が降るとさらに緑が濃く映えます。

            とまあ高校も大学も緑に囲まれていたわけです。好きだなあ緑。


            自分が何色か知りたい方はぜひ調べてみてください!

            そして、ぜひ阿佐ヶ谷でもお会いしましょう!

            6/13-16 阿佐ヶ谷アルシェにて

            「〇〇トアル風景」脚本:ノゾエ征爾 演出:ジンリョウスケ


            では、また。

            こびなたせい

            | 中大二劇 | ○○トアル風景 | comments(0) | trackbacks(0) | - |